胃腸と口臭の関係について

胃腸と口臭の関係について

■胃腸と口臭の関係について
胃腸が弱っているときは口臭が強くなりがちです。
例えば、不規則な食生活を繰り返したり、過剰なアルコール摂取、慢性的なストレスなどによって現代人の胃腸は弱り切っています。

 

胃腸が悪くなると、内分泌に異常が生じるようになります。
例えば、胃液が極端に分泌されるようになったり、腸からの栄養吸収がうまく行われなくなったり、唾液の分泌量が極端に低下したりと、どれもこれも口臭と関係のあるものばかりです。

 

胃腸による口臭の予防・対策にはどのようなものがあるでしょうか。

 

●刺激物を避ける
現代社会での食事は刺激物が多すぎると言われています。
例えば合成化学調味料や、合成化学保存料、香辛料などがあります。
また、コーヒーやコーラ、炭酸飲料水なども刺激物に分類されます。
これらはたまに摂取する程度なら問題ないのですが、日常的に摂取していると胃腸を極端に弱らせてしまいます。

 

●アルコールは適度に
アルコールは胃腸に大きな負担をかけてしまいます。
特に胃にかかる負担が大きく、胃炎や胃もたれなどを引き起こすきっかけに。
また、アルコールそのものが口臭の原因にもなっています。

 

●ストレスを上手に発散する
ストレスを慢性的に感じたり、一時的に強く感じると自律神経に乱れが生じて消化器官の働きが極端に鈍くなる、あるいは過剰に働くようになってしまいます。
そのため、ストレス社会といわれている現代人は上手なストレス発散を行わなくてはなりません。
湯船にゆったりと浸かってリラックスしたり、たまには仕事を忘れてのんびりしたりと、あなたなりのストレス発散方法を見つけることでストレスによる口臭を解消することができるでしょう。

口臭の原因とは?

■口臭の原因とは
口臭の原因には、様々なものがあります。
これらの原因をしっかりと把握しとくことによって、適切な対処方法を見つけることができるので確認しときましょう。

 

●口内が原因の口臭
虫歯や、舌苔(ぜったい)、歯周病が原因で口臭が発生する場合があります。
この場合は、適切な歯磨きを行ったり、舌苔を取り除くことによって解消することができます。

 

●病気が原因の口臭
病気が原因で口臭か発生する場合があります。
例えば、胃潰瘍などは口臭が発生する主な病気の一つです。
その他にも、糖尿病による口臭が発生することもあります。

 

●唾液が原因の口臭
唾液の分泌量が少ないと、口臭が発生しやすい状態になってしまいます。
例えば、食事リズムが不定期だったり、よく噛んで食べない生活習慣が身についている場合に起こりやすい傾向にあります。

 

●食べ物が原因の口臭
臭いの強い食べ物を食べた後は、口臭が発生しやすくなります。
例えば、ニンニク料理やキムチなどを食べると、一時的に口臭が強くなりますが、これらは自然と収まっていきます。同じにんにくでもにんにく卵黄は、逆ににおいがないといわれています。

 

口臭の原因のほとんどは、口の中が不衛生な状態にあることです。
そのため、食事の後は必ず歯磨きを行うようにすることで、歯を磨くだけでなく舌苔も取り除くようにすること、食事をよく噛んで食べるようにすることによって口の中の清潔が保たれ、口臭が発生しづらくなります。

 

口の臭いに悩んでいるのであれば、まずはこれらに気をつけるようにして、できることから改善していくようにしましょう。

更新履歴